赤ちゃんの記憶力を高める育て方を心がけておく

赤ちゃんの記憶力を高める育て方を心がけておく

赤ちゃんほど、世の中で可愛らしい存在は他にいないと思えるくらい、愛らしいと感じることは、誰もが同じ気持ちでしょう。
自分に子供を授かったなら、すくすくと健康で成長してもらうことが、唯一の願いになってきます。

 

極端な話ですが、自分の命と引き換えても、守りたいと思うのが、親心です。

 

そんな愛くるしい赤ちゃんも健やかに、そしてたくましく大きくなって欲しいのですが、その中でも彼らの記憶力を高めていくことで、幼稚園、小学校と学齢が上になる時に、ちゃんとやっていけるのだろうかという心配が募ってくることでしょう。
そのような心配を払拭するためにも、赤ちゃんの頃から記憶力を高める育て方を心がけておくことが大事です。

 

よくあるのは、玩具を与える時にどんな、物を渡すかです。

 

面白い事例なのですが、0歳の乳幼児にクリスマスプレゼントを上げた親のお話です。
プレゼントで贈った品物はアニメキャラクターのぬいぐるみでした。
もちろん、赤ちゃんはどんなギャラクターなのかは、知らなくて当然です。

 

このプレゼントで笑ってくれるかなと、楽しみにしていたお父さんだったのですが赤ちゃんが関心を示したのは、その玩具ではありませんでした。
なんと、プレゼントを包んでいた包装紙に興味が湧いて、扱い出したのです。
包装紙は銀色の紙で、キラキラと光っており、それに興味を示したのだと思われました。

 

実は、この関心を示すことが、後の成長後の記憶力に大きな影響を与えてくるのだと考えられています。
無論、幼い頃は会話もできるわけでもありません。
しかし、感心を寄せているものを扱い、手遊びをすることで、赤ちゃんの脳は刺激されていきます。

 

頭の中の想像力や理解力が養われていくのだと思われるのです。
このようなことから、彼らの記憶力を高めるためには、まだ、言語能力が備わっていない時期からでも、頭を使う習慣をつけさせることなのです。
それは、音楽でもいいと思います。

 

クラシック音楽を聞かせることで、耳から入ってくる音でも、頭の訓練にはなってくるのです。
小学生のお受験のような詰め込み式の学習能力が高まってくる前に、物事を理解できる力をこの段階から鍛えておくのです。

 

但し、力づくで何かに感心を示させるような強制的なやり方は厳禁です。
あくまで、赤ちゃん本人が興味を示す物に対して、優しくサポートしてあげる気持ちで、進めていくことが大事です。
そこには、焦りや強制という行動は禁物です。

 

言葉が話せないからと言っても、幼い頃の強制した記憶は本能の中に刷り込まれてしまうからです。
したがって、伸び伸びのした環境の中で、赤ちゃんの行動を後押ししてあげることが大事なのです。